隕石

パワーストーンを付ける腕は決まってる?

パワーストーンの効果をより高めるには腕に付けるのも一つの方法です。
なぜなら、手首や手のひらには気が入る場所になっていて、直接手首や腕につけると、パワーストーンの効果がアップすると言われているのです。
また、ブレスレットとして腕につけるパワーストーンは、石の数も多いですよね。

1粒よりもたくさんの石がついていて、手首や腕を囲むように着けることのできるブレスレットは、効果を発揮しやすいのです。
ブレスレットとしてパワーストーンを身に着けるのは、それだけ効果が出やすいということです。
また、右腕と左腕に着ける場合では意味や効果が違うと言われています。

パワーストーンのブレスレットを右手に着けると、外に対する効果が高まるとされ、左手に着けると内に対する効果があるとされているのです。
例えば、仕事で成功を収めたい、恋愛において積極的に行動したい、などといった時には右腕に、心を落ち着かせたい、癒しが欲しい、体の調子を整えたい、といった時には左腕にするといいと言われています。
そうはいっても、右腕にするのは何となく落ち着かない、気になる、といった場合もあると思います。
必ずしもそうでなければならない、ということはないので自分のしやすい腕にするといいでしょう。
あまり気にし過ぎないことも必要です。

このページの先頭へ