隕石

パワーストーンの修理方法

パワーストーンをアクセサリーとして身に着けている場合も多いでしょう。
毎日身に着けているとブレスレットのヒモが切れてしまったり、ネックレスの留め金が外れてしまったり、石そのものに傷がついてしまうこともあります。
そのような時、まだそのパワーストーンを身に着けていたい、と思うのであれば修理が必要です。
また、パワーストーンの浄化方法も知っておきましょう。

一番きれいに、確実に修理をするのであれば購入したお店にお願いすることです。
購入する際には、修理が可能かどうか、どれくらい料金がかかるかなどを聞いておくといいですよ。
また、石に傷がついてしまった場合の修理などについても確認しておきましょう。

または、ブレスレットなどヒモやゴムを換えるくらいなら自分でできる、という場合は自分で修理をすればいいですね。
パワーストーンに傷がついてしまった場合、それほど大きな傷でなければそのまま使っていてもいいでしょう。
しかし傷が大きかったり、破損してしまった場合は適切に処理をした方がいいかもしれません。
壊れてしまった場合は、もう、パワーストーンの役目は終わったということを意味しているからかもしれないからです。
石が破損したわけでもなく、修理をしてでも使っていきたい、という気持ちがあれば修理をして大切に使い続けましょう。
パワーストーンのエネルギーや効果は信じていれば実感できるでしょう。信じる事が重要です。

このページの先頭へ