隕石

パワーストーンの資格を得るには

パワーストーンに関係する資格にもいくつかの資格があります。
よく知られているのは、パワーストーンセラピストの資格ですね。
パワーストーンの基礎的な知識や石の種類や効能、扱い方や願い方などについて専門的知識を身に付けた人のことを、パワーストーンセラピストと言います。

資格を得るには、日本能力開発推進協会が認定する教育機関のカリキュラムを修了し、試験を受け、合格したら資格を取得することができます。
また、天然石検定というものもあります。
天然石の価値を正しく判断できることを目的とした検定で、2級ディプロマ、1級ディプロマさらにマスター認定という資格があります。

天然石検定協議会の講座を受けたり、協会が発行しているテキストなどの本があるので、それらを利用して勉強するといいでしょう。
パワーストーンの資格を得ることで、天然石の仕事に就きやすくなりますし、ショップの店員としても確かな情報をお客様に提供することができますね。
カルチャーセンターの講師として活躍したり、パワーストーンセラピストとして、アドバイスをしたりアクセサリーを作ったりして、独立することも可能です。
パワーストーンの専門家として、自分に自信を持つこともできます。
仕事にしなくても、パワーストーンの知識を深めるために講座を受ければ、パワーストーンのことをもっと深く理解できるようになります。

このページの先頭へ